mq2

360°動画をメタクエストで見ると、まるで体験しているかのような臨場感があります。
そこで、今回は、小さな360度カメラを口に入れると巨人に食べられるイメージになるかを撮影してみました。
なぜか体操服&ブルマのコスプレを着ていますが。
VRゴーグルなどを使って見れば、疑似体験できるはず!
どんな体験ができるでしょうか。


▼おまけの妄想小説▼

体操服&ブルマ姿の巨人。
巨人は次々と人を食っていく。
「やめろぉおおおおお!!!」
僕は叫ぶが、巨人に声は届かない。
やがて、僕の目の前にも巨人が現れた。
巨人の口が大きく開き、僕を飲み込もうとする。
「うわぁあああ!!」
思わず目を瞑った瞬間……。
――ドクンッ! 心臓が高鳴る音がした。
直後、体中に力が溢れてくる感覚があった。
目を開けると、そこは巨人の口の中だった。
しかし、不思議と怖くない。むしろ心地いい気分だった。
舌がベタついて気持ち悪いけどね。
巨人が口を閉じようとするので、僕は必死に抵抗する。
だが、巨人の方が力は強く、抵抗も虚しく飲み込まれてしまった。

そして胃袋の中に落ちると、消化液のような液体に浸かった。
あ~……これは死んだな……。
そう思った時だ。
――ドクンッ! 再び心臓が高鳴る音が聞こえた。
すると、今度は体に熱を感じる。
体が燃えているような錯覚を覚えた。
熱い……熱い!! 熱さに耐えきれず、意識を失いそうになる。
だが次の瞬間、体中を蝕んでいた熱さが一気に冷めた。
あれ? 気がつくと、僕は元の場所に立っていた。
いや、正確には違うか。
周りには、食い散らかされた死体がある。
つまり、僕が食われたあとの状態ってことかな。
どういうことだ? まさか本当に不死身になったのか?
でも、そんなバカなことあるわけがないよな……。
試しに自分の体をつねってみるが、普通に痛いだけだった。
「まあいいか……」
僕は考えるのをやめて、先に進むことにした。
しばらく進むと、またもや巨人が現れる。
どうせ死ぬんだろうと思いつつ、巨人に向かっていく。
しかし、巨人に触れた瞬間、またしても心臓が高鳴る音が響いた。
そして、全身に熱が帯びていく。
「ぐっ!?」
僕はあまりの熱さに悶絶する。
まるで炎に包まれているようだ。
しかも、それだけじゃない。
突然、視界の端から何かが現れ、巨人に向かって飛んでいった。
それは矢だった。
矢は巨人の目に突き刺さり、そのまま脳まで達した。
その結果、巨人は大きな音を立てて倒れた。
その隙を見て、僕はその場から離れる。
しばらくして振り返ると、巨人は消えていた。
何が起こったのか分からず困惑していると、再び心臓が高鳴る音が響く。
すると、今度は背中に痛みを感じた。
振り向くと、そこには剣を持った男が立っている。
男はこちらを見ると、ニヤリと笑みを浮かべた。
「お前、勇者だろ?」
「え? は、はい……」
突然話しかけられたので、少し戸惑ってしまう。
「やっぱりな。俺は勇者の味方だから安心しろ。ところで、今どんな気分だ?」
「えっと……なんか凄く力が湧いてきます!」
「だろうな。じゃあ次は俺に触れてくれないか?」
「はい……」
僕は言われるままに男に触れる。
すると、男は眩しい光を放ちながら姿を変えていった。
光が収まると、そこには金髪イケメンの姿があった。
この人、誰なんだ?
「初めまして、私は勇者様の従者です。以後お見知りおきを」
「ゆ、勇者の従者さんですか!? あの、なんでその姿に?」
「私の正体を隠すためですよ。今のあなたなら分かると思いますが、私の力は『変身』の力なんです」
なるほど……確かに僕の力と同じだ。
「それで、どうして姿を隠してるんですか?」
「理由は二つあります。一つは魔王軍との戦いのためですね。私は勇者様のサポート役なのですが、正体がバレてしまうと戦闘に参加できないのです」
「そうなんですね……。じゃあ、もう一つの理由というのは?」
「それは……私が女だからです!!」
「へぇ~、そうなんですね……。って、えええ!? じょ、女性なんですか!?」
「そうですよ! どこからどう見ても美少女でしょう!!」
「そ、そうですね……」
自分で言うんだ……。
正直、美少年にしか見えないけど……。
「まあ冗談はこのくらいにしておいて……。本当は、この力を悪用されないようにするためです。特に権力者に利用されるのを防ぐためですね」
「あぁ~……そういうことですか……」
確かに、こんな力が知られれば利用しようとする輩が出てくるかもしれない。
「でも、それなら仕方ないですね……。とりあえず、これからよろしくお願いします」
「はい! こちらこそ、よろしくお願いしますね!」
こうして、僕は新たな仲間を得たのであった。

In the Mouth" Giant in gym clothes and bloomers eats me and puts me in his stomach [VR 360° image video].

 

When you watch a 360° video on MetaQuest, it feels as real as if you are experiencing it.
So this time, I filmed to see if putting a small 360° camera in my mouth would give me the image of being eaten by a giant.
For some reason, I'm wearing a gym uniform & bloomers cosplay.
If you use VR goggles or something like that, you should be able to have a simulated experience!
What kind of experience can you have?

An extra fantasy novel

The Titans in gym uniforms and bloomers.
The Titans eat people one after another.
Stop it!!!!"
I shout, but my voice doesn't reach the Titans.
Soon, another giant appears in front of me.
Its mouth opens wide and it tries to swallow me.
"Aaahhh!!!!"
I meditate involuntarily at the moment .......
--Boom! I heard the sound of my heart pounding.
Immediately after, there was a sensation of power flooding through my body.
When I opened my eyes, I found myself in the mouth of a giant.
But strangely, I was not afraid. It felt rather pleasant.
My tongue was sticky and uncomfortable, though.
The giant tried to close its mouth, and I desperately resisted.
But the giant was stronger than me, and my resistance was in vain as I was swallowed.

And when it fell into my stomach, I was soaked in a liquid that looked like digestive juices.
Oh, ...... this is death. ......
That's what I thought.
--Drunk! I heard the sound of my heart racing again.
Then, this time, I felt heat in my body.
I felt as if my body was on fire.
Hot ...... hot! The heat was unbearable and I almost lost consciousness.
But the next moment, the heat that had been consuming my body cooled down all at once.
Huh? When I came to, I was standing where I had been.
No, not exactly.
All around me were bodies that had been devoured.
I guess that means I was in a state after I was eaten.
What does that mean? Did I really become immortal?
But there's no way that's stupid. ......
I pinched myself to try it out, but it just hurt like normal.
'Oh well,.......'
I stopped thinking and decided to go on.
After a while, the giant appears again.
Thinking that I was going to die anyway, I headed toward the giant.
But the moment I touched the giant, I heard another heart-thumping sound.
And then, my whole body is filled with heat.
Gugg!
I fainted in agony from the heat.
It was as if I was engulfed in flames.
And that's not all.
Suddenly, something appeared from the edge of my vision and flew toward the giant.
It was an arrow.
The arrow pierced the Titan's eye and went straight to its brain.
As a result, the Titan collapsed with a loud noise.
Seeing the opportunity, I left the scene.
When I looked back a moment later, the Giant had vanished.
Puzzled, not knowing what had happened, I heard the sound of my heart pounding again.
Then, this time I felt a pain in my back.
When I turned around, there was a man standing there holding a sword.
When he looked at me, he grinned.
You're a brave man, aren't you?"
Huh? Ha, yes. ......
I was a little puzzled because he suddenly spoke to me.
I'm not sure if it's a good idea or not. I'm on the side of the heroes, so don't worry. By the way, how do you feel now?
Well, ......, I'm feeling very powerful!
I'm sure you do. Then next time, will you touch me?
Yes. ......
I did as I was told and touched the man.
The man changed his appearance with a dazzling light.
When the light subsided, there was a handsome blonde-haired man.
Who is this man?
Nice to meet you, I am a follower of the hero-sama. Please make my acquaintance henceforth."
YU, you are the valiant squire? Um, why are you dressed like that?
"To hide my true identity. I'm sure you can understand now that my power is the power of "transformation".
I see. ...... It is indeed the same as my power.
So, why are you hiding your appearance?
There are two reasons. One is for the battle against the Demon King's army. I am a support role for the heroes, but if my true identity is revealed, I cannot participate in the battle.
I see. ...... Then what is the other reason?
"It's because ...... I'm a woman!
Heh, I see. ...... I mean, yeah! You're a woman?
Yes, I am! She's a beautiful girl no matter how you look at her!
Yes, that's right. ......
Speak for yourself .......
To be honest, she looks like a beautiful boy. ......
"Well, let's leave the jokes at that. ...... The truth is, we are trying to prevent this power from being abused. Especially to prevent it from being used by those in power."
"Oh ...... that's what you mean ......."
It is true that if this kind of power becomes known, some people might try to take advantage of it.
But then, it can't be helped. ...... At any rate, I look forward to working with you from now on."
Yes! It's nice to meet you too!
Thus, I had a new friend.